忍者ブログ
安全にピアスの穴をあけるためのマメ知識
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピアスの穴を自分で開けたりすると、しこりができたり、化膿してしまう
事もあるのでしっかりと病院で開けてもらいましょう。
穴が落ち着くまで着けておくファーストピアスというのは、通常よりも
2倍の太さがあります。4から8週間もするとピアスホールも落ち着き
ますが、それ以降もぬるま湯のシャワーで清潔に保ったり、消毒を続けて下さい。
特に夏場は、炎症を起こしたり、感染が多いので避けた方が良いでしょう。
それから、アレルギー体質の人や、穴を開けた後に患部が赤くはれたり
した場合も医師に観てもらって下さい。
PR
金属アレルギーの人は、やはりチタンやシルバー製のピアスよりも、アクリル樹脂製の物を使うようにしましょう。
通常、ピアスの穴を開けるのにはニードルか専用の専用のピアスガンを使います。
専用のピアスガンを使うと一瞬で穴を開けられる上、痛みも少なくて済むので大体の方はこれを使います。
ただし、病院に行かずに自分で開けたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができる事があるので止めましょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
通常、穴が落ち着くのに4から8週間ですが、その後も消毒は続けた方が良いでしょう。
夏の間は、紫外線による炎症や、汗で不衛生になりがちなので、避けた方が無難です。
また、穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には医師に相談をして下さい。

ピアスの穴は夏場は、炎症を起こしたり、感染が
多いので避けた方が良いと思います。

穴を開けた後が患部が赤くはれたり、痛みがある
場合には医師に相談をして下さい。

金属アレルギーが心配な場合は、素材もアクリル
樹脂製の物を使うようにすると良いでしょう。

ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッド
ピアスや、輪状のリングピアス、ポストが
フックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。

人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ない
専用のピアスガンを使う方法です。
ただ、シコリができたり、雑菌が入る事もあるので
自分で開けたりせずに病院に行くようにしましょう。

初めの頃は、ピアスを外しても穴が塞がらないように
通常より太いファーストピアスと呼ばれる物を
着けておきます。

4から8週間でピアスホールの中が皮膚になりますが、
それ以降も消毒は続けて雑菌が付かないようにして下さい。
ピアスの穴あけをしたい女性は多いですが、近年では男性の方も増えているようですね。
このピアスの穴を開けるのにはニードルか専用のピアスガンを使うのがだいたい一般的です。
専用のピアスガンを使う方法だと、一瞬で穴を開けられるし、その際にファーストピアスも同時に装着できます。
しかし、自分で開けたり友人にやってもらうのは、雑菌が入る事もあるので止めた方が良いでしょう。
やはり、安全にあけるには病院であける方が多少費用はかかりますが確実で無難だと思います。
開けた穴が落ち着くまでは、ファーストピアスと呼ばれる
通常の2倍の太さがある物を着けておきます。
4から8週間でピアスホールの中が皮膚になりますが、それ
以降も消毒は続けて雑菌が付かないようにして下さい。
とくに夏季は、汗で不衛生になりがちですし、また紫外線
による炎症も起こりやすいので穴を開けるのは避けた方が
良いと言われます。素材もさまざまですが、樹脂製やシルバー製
18金が良く使われますが金属アレルギーが心配の場合は
アクリル樹脂製ピアスがお勧めですね。一度あけた穴が
落ち着いてしまえば、いろんなデザインのピアスを付け
替えて楽しめるようになります。
鼻 ピアスをされる方って結構よく見かけますね。私は鼻にピアスというのはちょっと遠慮しますけどね。
鼻 ピアスをするには雑菌が入る事や思わぬトラブルもあるので自分で開けたりせずに病院にやってもらう方がいいと思います。
初めの頃は、ピアスを外しても穴が塞がらないように通常より太いファーストピアスと呼ばれる物を着けておきます。
雑菌が付くと炎症の原因になるので、穴が落ち着いてからもぬるま湯のシャワーで清潔にしたり、消毒は続けて下さい。
夏は、紫外線による炎症が起きやすく、汗で不衛生にもなりがちですので、新しい穴を開けるのは避けた方が良いでしょう。
アクリル樹脂製のピアスを使うようにすれば金属アレルギーの人も、ほとんど問題はないと思います。
数日後ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせていろいろなピアスにトライするものいいかも知れません。
ピアスの穴を開けるには、普通は一般的にニードルか専用のピアスガンを使用します。
でも、穴を開けたくない場合はマグネット ピアスがお勧めです。マグネット ピアスなら
言ってみれば磁石でくっつけるのですからとても簡単におしゃれを楽しむことができますね。
マグネット ピアスはインターネットショップの通販でも買うことができますのでいろいろある
デザインの中から自分のお気に入りの物を探したり選んでみるのも楽しいかも知れませんよ。
お洒落のためのピアスの穴を開けるには、ほとんどの人はニードルやまたは専用のピアスガンを使用しています。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないこの専用のピアスガンは麻酔をする必要もありません。
もっとも、自分で開けたりすると、しこりができたり、化膿してしまう事もあるのでやはり病院で開けてもらい方が無難です。
しこりになってからでは遅いですからね。病院だとしこりにならないので安心です。
あけた穴が落ち着くまでは、通常の2倍の太さがあるファーストピアスを着けておきます。
ピアスホールが落ち着くまでは大体4から8週間ほど掛かりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
血が出るとなかなか止まらない方や、妊娠中の女性はピアスを開けるのは向いていません。
もしも、穴を開けた後に患部が腫れてしまったりと言う事があるので、アレルギー体質の人は事前に医師に相談をして下さい。
金属アレルギーが心配な場合は、素材もアクリル樹脂製の物を使うようにすると良いでしょう。
ピアスの穴を開けるためには、ニードルか専用のピアスガンを使用するのが一般的です。
でもやはり人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ない専用のピアスガンを使う方法です。
でも、雑菌が入ったり化膿する事もあるので自分で開けるのはやめましょう。やはり病院で行うのが一番です。
穴を開けてから落ち着くまでは、ファーストピアスと言う通常の2倍の太さがある物を着けておきます。
ピアスホールの中が皮膚になるのに、4から8週間ですが、その後でも雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。
汗をかきやすく、紫外線が炎症の原因にもなるので、夏にホールを開けるのは避けた方が良いですね。
穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には病院の医師に相談をして下さい。
金属アレルギーが心配な場合は、素材もアクリル樹脂製の物を使うようにすると良いでしょう。
ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、輪状のリングピアス、ポストがフックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。
一度穴が落ち着いてしまえば、いろんなピアスを付け替えて楽しめるようになります。
グッチピアスは人気がありますね。やはりブランドのグッチに憧れる方が多いようです。グッチピアスをするには
当然ピアスの穴を開ける必要がありますが一般的にニードルか専用のピアスガンを使用します。
専用のピアスガンを使う方法だと、一瞬で穴を開けられるし、ファーストピアスも同時に装着できます。
ただ、シコリができたり、雑菌が入る事もあるので自分で開けたりせずに病院に行くようにしましょう。
穴が落ち着くまでは、通常の2倍の太さがあるファーストピアスを着けておきます。
普通は、4から8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けて下さい。
夏の間は、紫外線による炎症や、汗で不衛生になりがちなので、避けた方が無難です。
また、妊娠中だったり、血が止まりにくい体質の場合は、ピアスを開けるのは止めておいた方がよいかも知れません。
それに、アレルギー体質の人は、まず医師に相談をしてみて下さい。患部が腫れたりすると精神的にも苦痛です。
チタンや18金またはシルバーなど、ピアスの素材もさまざまありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。
最近はボディーピアスをされる方が増えてきているようですね。今回はボディーピアスではなく一般的な耳のピアスの穴のあけ方についてです。
ピアスの穴を開けるのにはニードルか専用の専用のピアスガンを使います。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないので専用の専用のピアスガンが人気があります。
でも、雑菌が入ったり化膿する事もあるので自分で開けるのはやめましょう。特に使いまわしはいけません。
ファーストピアスと言うのは、穴を開けてから落ち着くまで着けておく物で、通常のピアスよりだいたい2倍ぐらいの太さがあります。
4から8週間もするとピアスホールも落ち着きますが、それ以降もぬるま湯のシャワーで清潔に保ったり、消毒を続けて下さい。
とくに夏季は、汗で不衛生になりがちですし、紫外線による炎症も起こりやすいので新しく穴を開けるのは避けた方が良いと言われます。
ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、アクリル樹脂製の物なら金属アレルギーの人も安心です。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。
かわいいピアスを選んでいろいろと楽しみましょう!
ピアスに憧れる女性は多いですが、最近は若い男性も多いようです。ところで一般的にピアスの穴を開けるのにはニードルか専用のピアスガンを使用します。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないこの専用のピアスガンは麻酔をする必要もありません。
でも、雑菌が入ったり化膿する事もあるので自分で開けるのはやめましょう。特に使いまわしはいけません。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
ピアスの穴が落ち着くまでは大体4から8週間ほど掛かりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には医師に相談をして下さい。
チタンや18金またはシルバーなど、ピアスの素材もさまざまありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。
ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、輪状のリングピアス、ポストがフックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。
開けた穴さえ落ち着いたら、可愛いピアスや洗練ジュエリーのピアスなどをあなたも楽しめるようになります。
いまは女性だけではなく男性の方もピアスをされていますね。ピアスの穴を開ける方法には、ニードルを使う方法と、専用のピアスガンを使う方法があります。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないこの専用のピアスガンは麻酔をする必要もありません。
ただし、病院に行かずに自分で開けたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができる事があるので止めましょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
だいたいピアスホールが落ち着くまで4から8週間ですが、その後も消毒を続けたり、ぬるま湯のシャワーで耳を清潔に保つようにして下さい。
季節的に夏に新しい穴を開けるのは、紫外線や気温、汗で炎症を起こしやすいので避けた方が良いでしょう。
ちなみにピアスにまつわる間違った話で、「ピアスを外したら白い糸が出て・・・」と言うのがありますが、耳たぶに視神経は通っていませんので安心して下さい。
もし、体質的になかなか血が止まらない方や、妊娠中の女性はピアスの穴を開けるのは見合わせた方が良いでしょう。
また、アレルギー体質の場合や、患部がなかなか落ち着かないと言う場合も医師に相談をして下さい。
ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、金属アレルギーの方にはボディピアスでも使われるアクリル樹脂製をお勧めします。
ピアスをタイプで分けると、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、ポストがフックになっていたり、チェーンでできたアメリカンピアス、リング状のフープピアスなどがあります。
開けた穴さえ落ち着いたら、可愛いピアスや洗練ジュエリーのピアスなどをあなたも楽しめるようになります。
ピアスの穴を開けるには、普通は一般的にピアス 位置を決めてそこへニードルか専用のピアスガンを使用します。
位置が決まれば専用のピアスガンなら一瞬で穴を開けられるため、ほとんど痛みもありません。
もっとも、自分で開けたりすると、しこりができたり、化膿してしまう事もあるのでしっかりと病院で開けてもらいましょう。
ファーストピアスと言うのは、穴を開けてから落ち着くまで着けておく物で、通常のピアスよりだいたい2倍ぐらいの太さがあります。
ピアスホールの中が皮膚になるのに、4から8週間ですが、その後でも雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
またアレルギー体質の場合や、患部がなかなか落ち着かないと言う場合も医師に相談をして下さい。
ピアスの素材もシルバーや18金、チタンとさまざまありますが、金属アレルギーの人にはアクリル樹脂製の物がおススメです。
ピアスにもさまざまなタイプがありますが、スタッドピアスや、リングピアス、アメリカンピアスなどが一般的です。
開けた穴さえ落ち着いたら、可愛いピアスや洗練ジュエリーのピアスなどをあなたも楽しめるようになります。
今回はファーストピアスについてお話をしましょう。ピアスの穴を開けるのにはニードルか専用の専用の
ピアスガンを使いますが、専用のピアスガンを使う方法だと、一瞬で穴を開けられるし、ファーストピアスも同時に装着できます。
もっとも、自分で開けたり友人に頼むと、運が悪いとしこりができたりとか、または雑菌が入って化膿する場合もありますので、必ず病院で開けてもらいましょう。
穴が落ち着くまでは、通常の2倍の太さがあるファーストピアスを着けておきます。
ファーストピアスを着けて4から8週間でピアスホールが落ち着きますが、その後も清潔にしておくように気を付けましょう。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
ところで、耳たぶに視神経は通っていませんから、「ピアスの穴から白い糸が出てそれを・・・」と言うのはじつはただの迷信です。
しかし、ピアスを開けない方が良い人もいます。特に妊娠中の女性や血がとまりにくい人は気を付けましょう。
それから、アレルギー体質の人や、穴を開けた後に患部が赤くはれたりした場合も医師に観てもらって下さい。
ピアスの素材もシルバーや18金、チタンとさまざまありますが、金属アレルギーの人にはアクリル樹脂製の物がおススメです。
ピアスの種類には、シンプルなスタッドピアスや、リングピアス、ポストが釣り針状のアメリカンピアスなどがあります。
しばらくすると穴も落ち着きますから、ファッションに合わせてさまざまなピアスを試してみましょう。
ピアスの穴の開け方をしては、ピアスガンを使った方法が一般的です。
専用のピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上に、ファーストピアスも同時に装着できるので、よく使用されます。
しかし、自分で開けたり友人にやってもらうのは、雑菌が入る事もあるので止めた方が良いでしょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
ファーストピアスを着けて4から8週間でピアスホールが落ち着きますが、その後も清潔にしておくように気を付けましょう。
汗をかきやすく、紫外線が炎症の原因にもなるので、夏にホールを開けるのは避けた方が良いですね。
穴を開けた後に患部が腫れてしまったりと言う事があるので、アレルギー体質の人は事前に医師に相談をして下さい。
チタンや18金またはシルバーなど、ピアスの素材もさまざまありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。
ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、輪状のリングピアス、ポストがフックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。
数日後ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせていろいろなピアスにトライしてみましょう。
ピアスの穴を開けるには、普通は一般的にニードルか専用のピアスガンを使用します。
人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ない専用のピアスガンを使う方法です。
もっとも、自分で開けたりすると、しこりができたり、化膿してしまう事もあるのでしっかりと病院で開けてもらいましょう。
穴が落ち着くまでは、通常の2倍の太さがあるファーストピアスを着けておきます。
ピアスホールが落ち着くまでは大体4から8週間ほど掛かりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
ところで、耳たぶに視神経は通っていませんから、「ピアスの穴から白い糸が出てそれを・・・」と言うのはじつはただの迷信です。
もし、妊娠中だったり、血が止まりにくい体質の場合は、ピアスを開けるのは止めておいた方がよいかも知れません。
また、金属アレルギーが心配な方は、医療用のチタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けるようにします。
ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、アクリル樹脂製の物なら金属アレルギーの人も安心です。
棒状のピアスを留め金で止めるのがスタッドピアス、輪になっているのがリングピアスです。そしてポストがフックになっている物やチェーンでできたアメリカンピアスも人気があります。
一度穴が落ち着いてしまえば、いろんなピアスを付け替えて楽しめるようになります。
ピアス
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忍者ブログ[PR]