忍者ブログ
安全にピアスの穴をあけるためのマメ知識
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピアスの穴を開けるためには、ニードルか専用のピアスガンを使用するのが一般的です。
でもやはり人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ない専用のピアスガンを使う方法です。
でも、雑菌が入ったり化膿する事もあるので自分で開けるのはやめましょう。やはり病院で行うのが一番です。
穴を開けてから落ち着くまでは、ファーストピアスと言う通常の2倍の太さがある物を着けておきます。
ピアスホールの中が皮膚になるのに、4から8週間ですが、その後でも雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。
汗をかきやすく、紫外線が炎症の原因にもなるので、夏にホールを開けるのは避けた方が良いですね。
穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には病院の医師に相談をして下さい。
金属アレルギーが心配な場合は、素材もアクリル樹脂製の物を使うようにすると良いでしょう。
ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、輪状のリングピアス、ポストがフックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。
一度穴が落ち着いてしまえば、いろんなピアスを付け替えて楽しめるようになります。
PR
ピアス
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忍者ブログ[PR]