忍者ブログ
安全にピアスの穴をあけるためのマメ知識
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピアスの穴の開け方をしては、ピアスガンを使った方法が一般的です。
専用のピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上に、ファーストピアスも同時に装着できるので、よく使用されます。
しかし、自分で開けたり友人にやってもらうのは、雑菌が入る事もあるので止めた方が良いでしょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
ファーストピアスを着けて4から8週間でピアスホールが落ち着きますが、その後も清潔にしておくように気を付けましょう。
汗をかきやすく、紫外線が炎症の原因にもなるので、夏にホールを開けるのは避けた方が良いですね。
穴を開けた後に患部が腫れてしまったりと言う事があるので、アレルギー体質の人は事前に医師に相談をして下さい。
チタンや18金またはシルバーなど、ピアスの素材もさまざまありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。
ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、輪状のリングピアス、ポストがフックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。
数日後ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせていろいろなピアスにトライしてみましょう。
PR
ピアス
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

忍者ブログ[PR]